商品リスト
売れ筋ランキング1

トレンタール

トレンタール

効果効能 動脈硬化症
有効成分 ペントキシフィリン
メーカー サノフィ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

トレンタール400mg

個数定価販売価格ポイント購入
400mg x 30錠 ¥1,572 ¥1,310 39 カゴに入れる

トレンタールの詳細

トレンタールTrentalはサノフィ社が製造販売される閉塞性動脈硬化症や、栄養障害(壊疽、下肢潰瘍など)、脳血管障害、変性血管障害を併発する眼部循環障害の治療薬です。

トレンタールは毛細血管を拡げ、血小板の凝集を抑制することで血流量を増加させます。主に、糖尿病起因の閉塞性動脈硬化症・栄養障害・脳血管障害に用いられます。ペントキシフィリンのジェネリック医薬品の一つで、ペントキシフィリンとだいたい同じ有効成分と効果があります。

有効成分ペントキシフィリンは、毛細血管の拡張および赤血球の形態的柔軟性を増進させ、血小板の凝集作用の低下、末梢毛細循環を改善することで血流をよくし、閉塞性動脈硬化症の症状を改善します。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    ペントキシフィリン

    効果効能

    動脈硬化症

  • 用法

    1.実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

    2.通常、成人は1回400mgを1日3錠食後に服用してください。

    3.効果は2-4週間で現われますが、最低でも8週間以上服用するのが望ましいとされています。


    メーカー

    サノフィ

  • 注意事項

    ・各人の症状、治療段階に合わせた用法・用量を守ってください。

    ・以前にこのお薬を使用してアレルギーなどの症状が出た方は十分に注意してください。

    ・頭蓋内出血の止血が不完全な方は使用をお控えください。

    ・多量の網膜出血、重篤な出血のある方は使用をお控えください。

    ・重篤な不整脈、心筋梗塞、低血圧、腎機能障害、肝機能障害抗凝血剤服用、凝固障害などにより出血傾向のある方は、使用前に医師にご相談ください。

    ・高齢者、妊娠中、妊娠の可能性がある方は使用前に医師にご相談ください。


    副作用

    トレンタールの副作用は主に、食欲不振、吐き気、胃部不快感、下痢、腹部膨満感、胸やけ、便秘、腹痛、肝障害、狭心痛、血圧低下、発汗、発疹、そう痒感、血小板減少、出血傾向、頭痛、めまい、尿閉、熱感などがあります。

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

トレンタールのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る