商品リスト
売れ筋ランキング1

プロクロルペラジン

プロクロルペラジン

効果効能 統合失調症治療
有効成分 マレイン酸プロクロルペラジン
メーカー Alliance Pharmaceuticals Ltd.

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

プロクロルペラジン5mg

個数定価販売価格ポイント購入
5mg x 21錠 ¥813 ¥678 20 カゴに入れる
5mg x 105錠 ¥3,908 ¥3,257 98 カゴに入れる

プロクロルペラジンの詳細

プロクロルペラジンStemetilはAlliancePharmaceuticalsLtd.社が製造販売される統合失調症などの精神疾患、悪心・嘔吐の治療薬です。

プロクロルペラジンの有効成分であるプロクロルペラジンはおもに、ドーパミンという神経伝達物質をおさえる作用によります。D2受容体の遮断作用を持つことで、脳の異常な働きを抑制し、統合失調症の主に陽性症状を改善します。

プロクロルペラジンというお薬は気分を調整する作用があるので、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、気分の停滞などいろいろな精神状態の改善に用いることがあります。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    マレイン酸プロクロルペラジン

    効果効能

    統合失調症治療

  • 用法

    <精神科の領域>

    通常、成人は1日3~9錠(プロクロルペラジンとして15~45mg)を数回に分けて服用します。

    <その他の場合>

    通常、成人は1日1~4錠(プロクロルペラジンとして5~20mg)を数回に分けて服用します。

    ※幼児、小児には1回2.5mgを1日1~3回服用します。特に体重15kg以下の幼児、小児では1日量が7.5mgを超えないよう注意してください。

    ※いずれの場合も、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。


    メーカー

    Alliance Pharmaceuticals Ltd.

  • 注意事項

    ※心臓病、肝臓病、腎臓病、褐色細胞腫、動脈硬化症、てんかん、重い呼吸器系の病気のある人は、副作用の発現に注意するなど慎重に用いる必要があります。

    ※高齢の人や体の弱っている人は、副作用がでやすいので注意深く用います。とくに認知症にともなう精神症状に、安易に適応外使用するべきではありません。

    ※寝たきり、または手術後などで長時間体を動かせない人、脱水状態の人、あるいは肥満のある人は血栓塞栓症の発現に念のため注意が必要です。

    ※眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意します。

    ※制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがあるので注意します。


    副作用

    【主な副作用】

    過敏症状、光線過敏症(日光による過度の日焼け、かゆみ、色素沈着)、手指振戦(手の震え)、筋強剛(筋肉のこわばり)、口の周囲の不随意運動、身体の不随意運動(身体が意思に反して動く、筋緊張異常、静坐不能、足がムズムズする、便秘、目のかすみ、立ちくらみ、動悸などが報告されています。

    【重い副作用】

    悪性症候群、突然死、再生不良性貧血、無顆粒球症、白血球減少、麻痺性イレウス、遅発性ジスキネジアなどがあります。

    ※このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

プロクロルペラジンのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る