商品リスト
売れ筋ランキング1

シネメット

シネメット

効果効能 パーキンソン治療
有効成分 Levodopa(レボドパ)100mg + Carbidopa(カルビドパ)25mg
メーカー MSD

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

シネメット1箱

個数定価販売価格ポイント購入
1箱 x 10錠 ¥751 ¥626 19 カゴに入れる

シネメット10箱

個数定価販売価格ポイント購入
10箱 x 100錠 ¥4,490 ¥3,742 112 カゴに入れる

シネメットの詳細

シネメットSinemetはMSD社が製造販売される、カルビドパ水和物という2つの有効成分が配合されたメネシット配合錠のジェネリック医薬品で、パーキンソン病の治療に使われています。

パーキンソン病は、黒質細胞の減少によってドパミンが欠乏し、蒼球内節や黒質網様部の神経活動調整機能が不可能になることにより、運動の発現に障害が生じる症状です。

日本では、人口10万人に対し100~150人がパーキンソン病を患っているといわれています。シネメットの有効成分のレボドパは、パーキンソン病治療の第一選択薬として現在、広く処方さえており、ドパミン(ドーパミン)を補うための成分です。また、シネメットのもう一つの成分であるカルビドパは、レボドパがが脳内に入る前にレボドパからドパミンへの変換作用を阻害する効果が期待できます。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    Levodopa(レボドパ)100mg + Carbidopa(カルビドパ)25mg

    効果効能

    パーキンソン治療

  • 用法

    【始めて服用する場合】

    ・1回1/2錠、1日1/2~1錠よりはじめ、毎日又は隔日に1/2錠宛増量し、最適量を定め維持量とします。

    ・標準維持量は1日3回1回1錠です。

    ・1日の最高用量は6錠までです。


    【レボドパを服用したことのある人】

    ・レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分割服用します。

    ・以後、症状により適宜増減して最適量を定め維持量とします。

    ・標準維持量は1日3回1回1錠です。

    ・1日の最高用量は6錠までです。


    ※用法、用量は医師が様子を見ながら増量していきますので、医師に指示に従って決められた量を服用してください

    メーカー

    MSD

  • 注意事項

    ・成分に対して過敏症の既往歴のある方は使用をお控えください。

    ・妊婦、授乳中、妊娠している可能性のある方、乳幼児、小児は使用をお控えください。

    ・狭隅角緑内障の方は使用をお控えください。

    ・モノアミン酸化酵素阻害薬を服用中の方使用をお控えください。

    ・18歳未満の方は使用をお控えください。

    ・この薬は、補助療法として用いられるもので、病気を根源的に治す薬ではありません。

    ・服用を中止すると、症状が急激に悪化する恐れがありますので、医師の指示に従って服用を続けてください。

    ・この薬は飲み始めに効果が現れますが、服用量を増やすと将来的に薬のコントロールが効かなくなる恐れがありますので、医師の指示された服用量を守ってください。


    副作用

    <軽度主な副作用>

    めまい、吐き気、嘔吐、食欲減退、眠気、突然眠りに落ちる、吐き気、食欲減退、混乱、性欲の増加などの症状があります。

    <極稀に起こる重篤な副作用>

    排尿痛、排尿難、うつなど精神面の変化、物忘れ、息切れ、顔色が悪いなどの貧血症状、通常よりも出血しやすい、痣ができやすい、立ちくらみ、発疹、じんましん、手足のしびれ、ピリピリ感、皮膚に新しい斑点の発生、発熱、ひどい寒気、咽頭炎、口腔内潰瘍などの感染症の頻発などがあります。


当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

シネメットのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る