商品リスト
売れ筋ランキング1

セロフロ

セロフロ

効果効能 気管支炎症
有効成分 Fluticasone propionate(フルチカゾンプロピオン酸エステル)/サルメテロールキシナホ酸塩(Salmeterol xinafoate)
メーカー シプラ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

セロフロ100mcg

個数定価販売価格ポイント購入
100mcg x 30錠 ¥1,207 ¥1,006 30 カゴに入れる

セロフロ250mcg

個数定価販売価格ポイント購入
250mcg x 30錠 ¥1,663 ¥1,386 42 カゴに入れる

セロフロ500mcg

個数定価販売価格ポイント購入
500mcg x 30錠 ¥2,119 ¥1,766 53 カゴに入れる

セロフロの詳細

セロフロSerofloはシプラ社が製造販売される喘息の予防や治療に効く薬アドエアのジェネリック医薬品です。100mcg、250mcg、500mcgの三種類があります。気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果があります。

ジェネリックとして、安価に購入することが出来ます。ジェネリックは同じ有効成分が使われるため、喘息治療の効果も期待できます。喘息が発生したとき使えば、呼吸が非常に楽になります。

成分のサルメテロールは長時間作動型なので、薬の効き目が12時間続きます。


  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    Fluticasone propionate(フルチカゾンプロピオン酸エステル)/サルメテロールキシナホ酸塩(Salmeterol xinafoate)

    効果効能

    気管支炎症

  • 用法

    1日2回、12時間おきに専用の吸入器で吸引します。

    メーカー

    シプラ

  • 注意事項

    ・1日2回吸入する必要がありますが、吸入を忘れた際は次の吸入予定時間が近くなければすぐに吸引すること。吸入を忘れたからといって、1度に2回分の吸入はしないでください。

    ・年齢と症状によって、用法が異なるので専門の医師に相談した上で使用してください。

    ・細菌やウィルス、真菌(カビ)などに感染している方は使用することを禁止されています。

    ・高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管してください。


    副作用

    セロフロの副作用としては、発疹・顔・喉の炎症・腫れ・咳・吐き気などの報告があります。

    重い副作用としては身体のだるさ、筋力低下、便秘、脈の乱れ、動悸などの低カリウム血症の症状を引き起こすほか、発熱、咳、痰などをともなう肺炎、手足のしびれや蕁麻疹、全身発赤、気管支収縮や呼吸困難などがあります。


当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

セロフロのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る