商品リスト
売れ筋ランキング1

セルギン

セルギン

効果効能 パーキンソン病治療
有効成分 Selegiline(セルギン)
メーカー インタス

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

セルギン5mg

個数定価販売価格ポイント購入
5mg x 10錠 ¥2,233 ¥1,861 56 カゴに入れる
5mg x 100錠 ¥7,044 ¥5,870 176 カゴに入れる

セルギンの詳細

セルギンSelginはパーキンソン病の治療薬です。インタスファーマ社が販売されるのです。パーキンソン病の原因になる脳内におけるドーパミンの減少を抑えることで、パーキンソン病を治療します。

パーキンソン病の主な症状は手足のふるえ、筋肉のこわばり、動作のにぶり、姿勢のバランスがとりにくくなる、などです。セルギンの有効成分の塩酸セレギリン(Selegiline)はパーキンソン病の治療に効く薬で、世界80ヵ国以上で使われています。


  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    Selegiline(セルギン)

    効果効能

    パーキンソン病治療

  • 用法

    ・通常、成人は1日1回2.5mgを朝食後服用から開始し、2週ごとに1日量として2.5mgずつ増量し、最適服用量を定めて維持量とします(標準維持量1日7.5mg)。
    ・1日量が5mg以上の場合は、朝食および昼食後に分割服用します。
    ・1日量が7.5mgの場合は朝食後5mgおよび昼食後2.5mgを服用してください。
    ・最大1日投与量は10mgとします。

    メーカー

    インタス

  • 注意事項

    •精神症状が悪化するおそれがあるので、統合失調症の人には用いません。

    •成分に対して過敏症の既往歴のある方、統合失調症またはその既往歴のある方は使用をお控えください。

    •妊娠または授乳中の方、18歳未満の方はご使用しないで下さい。

    •お子様の手の届かない場所に保管して下さい。 開封後は涼しい直射日光を避けて保管して下さい。

    •めまいを起こしたり、注意力や集中力が低下することがあります。車の運転などには注意が必要です。

    •何か違和感が生じましたら服用を直ちに止め、かかりつけの医師などにご相談下さい。


    副作用

    <主な副作用>

    頭痛、頭重感、不眠、眠気、体のこわばり、しびれ、多夢、緊張低下、うつ症状、悪心、嘔吐、食欲不振、口渇、胃痛、腹痛、便秘、下痢、不随意運動、めまい、ふらつき、興奮、ジストニア(筋緊張異常)、構音障害、不安、歩行異常、起立性低血圧、動悸、発疹、排尿困難、白血球減少傾向、視野狭窄、むくみ、胸痛(胸部不快感)、倦怠感、ほてり、味覚異常、多汗、気分不良、疲労感、発熱、のぼせ、血清CK(CPK)上昇、高血圧、不整脈、心電図異常、低血圧、血圧変動、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、悪寒、体重減少、自覚症状悪化、味覚低下、舌の違和感、腰痛、意欲低下などがあります。

    <極稀に起こる重篤な副作用として>

    幻覚、妄想、錯乱、狭心症、悪性症候群、低血糖、胃潰瘍などがあります。


当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

セルギンのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る