商品リスト
売れ筋ランキング1

プラビックス

プラビックス

効果効能 脳血管障害治療
有効成分 クロピドグレル硫酸塩
メーカー サノフィ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

プラビックス75mg

個数定価販売価格ポイント購入
75mg x 14錠 ¥5,676 ¥4,730 142 カゴに入れる

プラビックスの詳細

プラビックスPlavixはSanofi-aventis社が2発売されている抗血小板剤と呼ばれるお薬です。血小板の働きをおさえる作用から‘抗血小板薬’とも呼ばれています。血小板の活性化を抑制します。すると、血小板の凝集がおさえられ、フィブリノーゲンという血液の接着成分が結合しにくくなり、結果として血栓形成が抑制されるのです。

急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞と、末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    クロピドグレル硫酸塩

    効果効能

    脳血管障害治療

  • 用法

    【虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合】

    通常、成人はクロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状により50mgを1日1回服用します。

    【経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合】

    通常、成人は投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回服用し、後で、維持量として1日1回75mgを服用します。

    【末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合】

    通常、成人はクロピドグレルとして75mgを1日1回服用します。


    メーカー

    サノフィ

  • 注意事項

    1.空腹時の服用は避けてください。

    2.アスピリンやワルファリンなど他の抗血栓薬と併用する場合は、出血の副作用に十分注意する必要があります。

    3.症状や治療目的によって飲みかたが違います。指示された用法用量を守ってください。ふつう、空腹時や食間を避け、1日1回食後に飲みます。

    4.出血傾向及びその素因のある患者、重篤な肝障害のある患者、重篤な腎障害のある患者、高血圧が持続している患者、高齢者、低体重の患者、他のチエノピリジン系薬剤(チクロピジン塩酸塩等)に対し過敏症の既往歴のある患者は慎重に投与してください。

    5.定期的に肝機能や血液の検査を受ける必要があります。とくに飲み始めの2カ月間は、2週間ごとにおこなうことが望ましいです。


    副作用

    プラビックスの副作用は主に

    •肝機能障害

    •貧血

    •発疹

    •胃腸出血

    •紫斑、鼻出血等の出血傾向

    •消化不良

    •腹痛、下痢

    が報告されています。

    そして重い肝障害、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症、多形渗出性紅斑、吐き気、食欲不振などの胃腸障害、じんましん、腎機能異常、味覚障害、出血傾向、頭痛、動悸などがおこることがあります。

    ときに過敏症状が現れることがあります。過敏症状が現れたときは服用を止め、すぐ医師に相談してください。


当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

プラビックスのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る