商品リスト
売れ筋ランキング1

オキシスパス

オキシスパス

効果効能 尿失禁・尿意切迫感・頻尿
有効成分 塩酸オキシブチニン
メーカー シプラ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

オキシスパス2.5mg

個数定価販売価格ポイント購入
2.5mg x 100錠 ¥2,826 ¥2,355 71 カゴに入れる

オキシスパス5mg

個数定価販売価格ポイント購入
5mg x 100錠 ¥4,080 ¥3,400 102 カゴに入れる

オキシスパスの詳細

オキシスパスOxyspasはぼうこうの平滑筋を弛緩させることで頻尿、尿失禁、尿意切迫感などの症状を治療する薬です。大手会社シプラ社が製造しているボラキスのジェネリック医薬品です。

オキシスパス有効成分の塩酸オキシブチニンがぼうこうの平滑筋に直接働きかけ(カルシウム拮抗作用)、また塩酸オキシブチニンが持つ向神経作用(抗ムスカリン作用)により、ぼうこうの運動を抑え、平滑筋を弛緩させます。

この働きにより、ぼうこうの収縮を抑制し、また筋肉を緩めてぼうこうの容量が大きくなることで、尿を多く溜めることができるようになり、過緊張状態の神経因性ぼうこう、不安定ぼうこうにおける尿失禁、尿意切迫感、頻尿などの症状を改善します。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    塩酸オキシブチニン

    効果効能

    尿失禁・尿意切迫感・頻尿

  • 用法

    1日2錠(5mg)を2~3回に分けて服用してください。

    高齢者の場合は1日量1錠(2.5mg)から服用を開始してください。

    メーカー

    シプラ

  • 注意事項

    以下の場合、オキシスパス2.5を絶対に服用しないでください。
    ・明らかな下部尿路閉塞症状である排尿困難・尿閉などのある人: 排尿困難、尿閉などがさらに悪化するおそれがあります。

    ・緑内障の人: 眼圧の上昇を招き、症状を悪化させるおそれがあります。

    ・重篤な心疾患のある人: 抗コリン作用により胃腸管の緊張、運動性は抑制され、胃腸管内容物の移動は遅延するため、まひ性イレウスの人は胃腸管内容物の停滞により閉塞状態が強められるおそれがあります。

    ・衰弱している人または高齢者の腸後アトニー、重症筋無力症の人: 抗コリン作用により症状を悪化させるおそれがあります。

    ・授乳婦: 動物実験で乳汁への移行が報告されています。

    【慎重服用】
      ・排尿困難のおそれのある前立腺肥大症の人: 前立腺肥大症の人では、排尿障害をきたいしていない場合でも抗コリン作用により排尿障害を起こすおそれがあります。

    ・甲状腺機能亢進症の人: 代償性交感神経系の亢進をさらに亢進させるおそれがあります。

    ・不整脈のある人; 頻脈性の不整脈のある人では、副交感神経遮断作用により交感神経が優位に立ち、心拍数の増加などが起こるおそれがあります。

    ・潰瘍性大腸炎の人: 中毒性巨大結腸が現われるおそれがあります。

    ・高温環境にある人: 抗コリン作用により発汗抑制が起こり、外部の温度上昇に対する不耐性が生じて、急激に体温が上昇するおそれがあります。

    ・重篤な肝または腎疾患のある人

    ・パーキンソン症候群または痴呆症状を伴う高齢者: 抗コリン作用により、症状を悪化させるおそれがあります。

    副作用

    めまい、眠気、頭痛、しびれ、ふるえ、下痢、胃腸障害、胃部不快感、吐き気、食欲不振、胸やけ、便秘、腹部膨満感、口内炎、嘔吐、舌炎、発疹、排尿困難、尿閉、残尿、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、むくみ、倦怠感、口が苦い、発熱、熱感、目のかすみ、眼瞼結膜充血、汗が出なくなる、咽頭部痛、胸痛、手の乾燥感、かすれ声

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

オキシスパスのレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る