商品リスト
売れ筋ランキング1

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品(新薬)の独占的販売期間(特許期間及び有効性・安全性を検証する再審査期間)が終了した後に発売される、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が原則同一であり、先発医薬品に比べて低価格な医薬品です。
欧米では有効成分の一般名(generic name)で処方されることが多いため、「ジェネリック」という言葉で呼ばれています。
出典   日本ジェネリック製薬協会

(1) ジェネリック医薬品の意義
近年、医療技術の進歩、急速な高齢化にしたがって、医療費は増加し続けています。新薬に比べて、ジェネリック医薬品は少ない費用で開発するから、開発費や販売費が抑えられます。ジェネリック医薬品の開発期間が3~5年で、開発にかかるコストが大幅に抑えられるから、ジェネリック医薬品の価格は、新薬の約3~5割に設定されています。医療費削減の効果が期待できます。

(2) ジェネリック医薬品の王国-インド
インドはジェネリック医薬品の王国といわれています。なぜかというと、一般的には医薬品の特許は「製法特許」と「成分特許」の2つがありますが、インドでは医薬品の成分特許を認めていないからです。そのため、異なった製造方法で同じ効果の安い医薬品を製造することができ、特許使用料を払わずに欧米先進国の医薬品メーカーが開発した医薬品を“GE薬”として合法的に生産することができます。ですから、インドにおいては、正規のジェネリック品の製造が特許されています。インド製のジェネリック医薬品が数多く存在しています。尚、先進国では、インドに直接行って処方してもらうか、個人的に使用するために個人輸入するのは許されています。

インドにはジェネリック医薬品製薬会社はたくさんあります。

インドジェネリック医薬品製薬会社一覧
Sun Pharmaceutical Industries Ltd.  (サン・ファーマ)
Dr. Reddy's Laboratories Ltd. (DRL, Dr. レッディーズ・ラボラトリーズ)
Lupin Ltd. (ルピン)
Cipla Ltd.  (シプラ )
Aurobindo Pharma Ltd. (オーロビンド・ファーマ)
Cadila Healthcare Ltd. (カデラ薬品)
Torrent Phamaceucals Ltd.  (トレント・ファーマスーティカルズ)
ランバクシー•ラボラトリーズ•リミテッド
バイオコン
インタス
サンライズレメディーズ
ピラマルヘルスケア
サバメディカ
ビプロライフサイエンス
TOPに戻る