商品リスト
売れ筋ランキング1

クロミッド・ジェネリック

クロミッド・ジェネリック

効果効能 排卵誘発剤
有効成分 クロミフェンクエン酸塩50mg
メーカー シプラ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

クロミッド・ジェネリック25mg

個数定価販売価格ポイント購入
25mg x 10錠 ¥546 ¥455 14 カゴに入れる
25mg x 100錠 ¥4,764 ¥3,970 119 カゴに入れる

クロミッド・ジェネリック50mg

個数定価販売価格ポイント購入
50mg x 10錠 ¥888 ¥740 22 カゴに入れる
50mg x 100錠 ¥7,272 ¥6,060 182 カゴに入れる

クロミッド・ジェネリックの詳細

クロミッド・ジェネリックclmifene-tablts-fertomidは、排卵を誘発する不妊治療薬です。主成分のクロミフェンクエン酸塩は、服用することで性腺刺激ホルモンの分泌を促し、次に卵胞の成長をサポートし、排卵へ導きます。

クロミッド・ジェネリックは女性の排卵を促す効果によって不妊治療に使われますが、性腺を刺激して活動を高める作用から、男性の不妊症治療に使われることもあります。

不妊治療では最初に使われる事が多く、クロミッド・ジェネリックは代表的な排卵誘発剤といわれます。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    クロミフェンクエン酸塩50mg

    効果効能

    排卵誘発剤

  • 用法

    女性の場合

    生理初日から1日1錠(50mg)、経口から服用し5日間繰り返す。
    服用終了から1~2週間で排卵が起ります。
    排卵が起こらなかった場合は1日100mgで再度5日間繰り返す

    男性の場合

    1日1錠(50mg)を25日間服用し、次の5日間は休薬期間とするサイクルを繰り返す。
    又は1日半錠(25mg)を毎日服用する、という飲み方が一般的です。

    メーカー

    シプラ

  • 注意事項

    ・乳癌・子宮癌・卵巣癌の方は、服用を控えて下さい。

    ・子宮筋腫や子宮内膜症の病状の悪化に注意するなど慎重に用いる必要があります。

    ・妊娠中は禁止です。とくに妊娠初期の際は気を付けます。

    ・クロミッドジェネリックが合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

    副作用

    クロミッド・ジェネリックは吐き気、頭痛、ほてり、いらいら感、倦怠感、目のかすみなどの症状が現れる可能性があります。

    視覚症状が強い場合、念のため目の検査が必要です。

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

クロミッド・ジェネリックのレビュー

  • 満足度

    排卵に障害があり、クロミッド・ジェネリックを購入しました。値段が安く、排卵も起こるようになったので購入して良かったです。

  • 満足度

    クロミッドより、ジェネリックの方が安いし、効果も同じです。排卵成功率も高いので期待しています。

  • 満足度

    自宅でも簡単に治療できるクロミッド(排卵誘発剤)に自信があります。妊娠できることを願っています。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る