商品リスト
売れ筋ランキング1

エイゾプト点眼液

エイゾプト点眼液

効果効能 緑内障・高眼圧症治療
有効成分 ブリンゾラミド
メーカー アルコン(alcon)

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

エイゾプト点眼液の詳細

エイゾプト点眼液azoptは緑内障や高眼圧症の人で、ほかの緑内障治療薬の効果が不充分または使用できない場合に使用する点眼薬です。

緑内障は初期症状がほとんどないので視野が欠けはじめてから病気に気づくケースが多く、またその状態になってからでは既に病気が進行してしまっていることが多いうえ、一度欠けた視野は回復しないために早期発見、早期治療が求められています。

エイゾプト点眼液の有効成分であるブリンゾラミドです。ブリンゾラミドは、房水の産生に関係する炭酸脱水酵素(CA)の働きを阻害し、房水の産生を減らすことにより眼圧降下作用を示すと考えられており、また局所使用であるため、炭酸脱水酵素活性の低下による全身的な副作用や心血管系の副作用が発現しないのが特長です。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    ブリンゾラミド

    効果効能

    緑内障・高眼圧症治療

  • 用法

    通常、成人は1回1滴を1日2回使用してください。
      ・点眼用にのみ使用してください。
      ・使用時、キャップを閉じたままよく振ってからキャップを開けて点眼してください。
      ・点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意してください。
      ・点眼に際しては、原則として仰臥位をとり、患眼を開瞼して結膜嚢内に点眼し、1-5分間閉瞼して涙嚢部を圧迫させた後、開瞼してください。
      ・ほかの点眼剤を併用する場合には、少なくとも10分以上間隔をあけてから点眼してください。
      ・エイゾプト点眼液1%に含まれている塩化ベンザルコニウムは、ソフトコンタクトレンズに吸着されることがあるので、点眼時はコンタクトレンズを外し、15分以上経過後装着してください。

    メーカー

    アルコン(alcon)

  • 注意事項

    以下の場合、エイゾプト点眼液1%を絶対に使用しないでください。
    ・エイゾプト点眼液の成分に対して過敏症の既往歴のある人
    ・重篤な腎障害のある人: エイゾプト点眼液およびその代謝物は、主に腎により排泄されるため、排泄遅延により副作用が現われるおそれがあります。

    【慎重使用】
      ・肝障害のある人
      ・角膜障害(角膜内皮細胞の減少など)のある人

    【重要な基本的注意】
      ・エイゾプト点眼液は点眼後、全身的に吸収されるため、スルホンアミド系薬剤の全身投与時と同様の副作用が現われるおそれがあるので注意してください。
      ・急性閉塞隅角緑内障の人が使用する場合は、薬物療法以外に手術療法などを考慮してください。
      ・エイゾプト点眼液の点眼後、一時的に目がかすむことがあるので、機械類の操作や自動車などの運転には注意してください。

    一般に高齢者では生理機能が経過しているので注意してください。

    妊娠中の使用に関する安全性は確立していないため、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。

    低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

    副作用

    霧視、眼瞼炎、乾燥感、異物感、充血、目やに、不快感、眼痛、そう痒感、結膜炎、疲れ目、眼瞼辺縁痂皮、角膜炎、角膜症、べとつき感、流涙、角結膜炎、複視、下痢、口内乾燥、消化不良、嘔気、脱毛、皮膚炎、じんましん、味覚倒錯、頭痛、鼻炎、胸部痛、めまい、呼吸困難、咽頭炎、緊張亢進、腎疼痛、まつげ硬直、複視、光線過敏、異常な疲労感、チクチク感、無感覚、気分の落ち込み、異常夢、筋肉硬直、興奮、記憶欠如、神経質、鼻血、インポテンス、発疹、息切れ

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

エイゾプト点眼液のレビュー

    まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る