商品リスト
売れ筋ランキング1

アモキシリン

アモキシリン

効果効能 淋病・梅毒
有効成分 アモキシリン
メーカー Bristol Laboratories Ltd

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

アモキシリン500mg

個数定価販売価格ポイント購入
500mg x 10錠 ¥1,366 ¥1,139 34 カゴに入れる
500mg x 300錠 ¥15,571 ¥12,976 389 カゴに入れる

アモキシリンの詳細

アモキシリンAmoxillinとは、ジャーマンレメディ社が開発した梅毒や淋菌(感染症ウイルス)の感染症を治療する医療品です。

アモキシシリンは抗生物質の中の一つで、ペニシリン系のものです。細菌の細胞壁の合成を阻害して増殖を抑制することにより、抗菌作用を示します。

梅毒・淋病、前立腺炎や精巣上体炎、子宮内感染などの性器にかかわる症状や、歯科や眼科、耳鼻科でも用いることもあります。

治療効果が高いため、短期間で治したい方にはおすすめの医薬品です。

殺菌効果は高いながらも、小児用の薬が販売されているほど安全性が高いところも、人気の理由です。幅広い感染症に効果を発揮してくれるのが、このアモキシリンです。

  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    アモキシリン

    効果効能

    淋病・梅毒

  • 用法

    症状によって用量が異なりますので、ご了承下さい。

    通常の服用方法としては、250mgを1日3回から4回服用するものです。

    食後に、水またはぬるま湯で服用してください。

    アモキシリンの服用方法は、症状によって用量が異なりますので、よくご確認の上服用ください。

    メーカー

    Bristol Laboratories Ltd

  • 注意事項

    アモキシリンは、規定内の服用量であれば、副作用はほとんどないと言われています。

    しかし、胃痛・下痢・嘔吐・頭痛・めまい・かゆみ・関節痛等の副作用の報告があります。
    また、稀にショック症状・腎障害が報告されています。

    使用に関する一般的な情報をすべて記載したものです。注文や利用はご自身の判断・責任で行って下さい。

    副作用

    アモキシリンは用法容量と守って、使用すればほとんど副作用は無いと言われています。また、個人差があり、服用する際は、医師にご相談下さい。

    副作用の主な症状は、胃痛・下痢・嘔吐・頭痛・めまい・かゆみ・関節痛等です。 

    ごく稀に、ショック症状・腎障害が報告されています。

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

アモキシリンのレビュー

  • 満足度

    妻に内緒で購入しました。 行きずりで、つい飲み屋のお姉さんとホテルに。 ついでに性病のお土産までもらって帰ることに。 2、3日したら痛みと腫れが生じてきました。 症状を調べると、淋病かと・・。 このまま、ばれずに完治しますように。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る